ご利用のご案内


育生会横浜病院

介護老人福祉施設よつば苑




大きな地図で見る


一般財団法人 育生会
介護老人保健施設 ユトリアム

〒240-0025
横浜市保土ヶ谷区狩場町200-7
TEL:045-712-9931
FAX:045-712-9926

ご利用のご案内

介護老人保健施設とは・・・

病院と介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)との中間的な機能を持ち、更に病院と家庭の中間施設として病状安定期にあり入通院の必要ない要介護高齢者に対し、医学的管理の下でリハビリテーション・看護・介護サービスを提供し、家庭復帰、自立支援を目的とする施設です。


利用できるサービスは?

[1]施設サービス(入所)

[2](介護予防)短期入所療養介護(ショートステイ)
自宅で高齢者を介護している家族の方が、病気や休養、又は旅行等の為に一時的に介護ができない場合に、短期間利用することが出来ます。

[3](介護予防)通所リハビリテーション(デイ・ケア)
ご家庭で療養中のお年寄りが日中通所していただき、昼食・入浴・リハビリ等のサービスを利用することが出来ます。

[4]居宅介護支援
ご高齢者の皆様が住みなれた地域で自分らしく豊かな生活が送れるようお手伝いさせていただきます。
介護保険や介護保険外の福祉の窓口です。介護を必要とされている方が、ご自宅で適切にサービスを利用できるようにケアマネジャー(居宅介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人家族の希望等にそってケアプランを作成したり、さまざまな介護サービスの連絡、調整を行います。


利用できる方は?

サービスの内容によって、利用対象者が異なります。
いずれのサービスも介護保険制度における要介護認定を受けていただくようになります。


[1]施設サービス(入所)
●65歳以上の第1号被保険者で要介護状態と認定された方
●40歳以上65歳未満の第2号被保険者で要介護状態であって、
 その要因が特定疾病によるものであると認定された方

[2](介護予防)短期入所療養介護(ショートステイ)

[3](介護予防)通所リハビリテーション(デイ・ケア)
●65歳以上の第1号被保険者で要介護状態と認定された方
●40歳以上65歳未満の第2号被保険者で要介護状態であって、その要因が特定疾病によるものであると
 認定された方
●要支援状態と認定された方
 (ただし、第2号被保険者にあっては、その要因が特定疾患によるものであると認定された方)

[4]居宅介護支援
●介護保険の申請を検討している方
●介護予防支援、要介護認定を受けた方


※その他、自立と認定された方については、具体的にご相談下さい。


利用の手続き方法は?

[1]施設サービス(入所)
1.直接施設の支援相談員までお問い合わせ下さい。
2.相談日程を調整した上でご家族の方と面接させていただきます。
3.下記の必要書類をご提出いただき、入所判定会議にて審査の上、ご連絡いたしております。

(必要書類)
※必要書類は当施設にご用意しております。
・利用申込書
・健康診断書
・日常生活動作表

[2](介護予防)短期入所療養介護(ショートステイ)

[3](介護予防)通所リハビリテーション(デイ・ケア)
1.当施設、若しくは最寄りの居宅介護支援事業所のケアマネージャーにご相談下さい。
2.下記の必要書類をご提出いただき、判定会議にて審査の上、ご連絡いたします。
  健康診断書にて状態を確認の上、必要に応じて本人面接をさせていただいております。
(必要書類)
※必要書類は当施設にご用意しております。
・利用申込書
・健康診断書
・日常生活動作表

[4]居宅介護支援
※『お気軽にご相談下さい!』
【例えばこんなとき相談ください】
●介護保険の手続きや利用方法がわからない
●病院からの退院の予定だが自宅での介護はどうしたらよいか
●ひとり暮しだができないことが多くなり心配
●生きがいや活動の機会を持ちたい
●認知症や介護について知りたい
【利用料の目安】
利用料はありません(介護保険で支払われます)


利用についてのイメージ図

施設サービスの内容

ケアプラン(施設サービス計画)の作成

施設ケアマネージャーが、利用者の直面する課題や目標、希望等を踏まえたケアプランを多職種共働により作成いたします。利用者に同意を得た上で、ケアプランに基づいた施設サービスの提供をおこないます。


栄養管理

当施設では管理栄養士の立てる献立表により、栄養並びに利用者の身体状況や嗜好を考慮した食事を提供します。多職種共働により作成した栄養ケア計画に基づき、栄養管理に努めます。
(食事時間:朝食8〜9時、昼食12〜13時、夕食18〜19時 ※原則、食堂でお摂りいただきます。)


入浴

入浴(または清拭)は週2回行います。一般浴槽のほか、入浴に介助を要する利用者には特別浴槽で対応いたします。


医学的管理・看護

医師・看護職員が、日常的な医学的対応を行い、健康管理に努めます。


リハビリテーション

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、多職種協働により作成したリハビリテーション実施計画書に基づき、利用者の心身の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能回復又はその減退を防止するための訓練を実施します。


その他

清潔で快適な生活が送れるよう、適切な整容が行われるよう援助します。また、利用者とその家族からのご相談に応じ、必要な援助を行うように努めます。

利用上の留意事項

外出・外泊について

外出・外泊には申込者であるご家族の許可が必要になります。
外出・外泊の予定は出来る限り事前にお申出ください。
外出・外泊については各フロアのナースステーションにある届出書にご記入ください。
外出・外泊時に病院へ受診される方は、必ず事前にご相談ください。


面会について

面会時間は、午前10時から午後7時までとなっております。
面会に来られた方は、必ず各フロアのナースステーション備え付けの面会簿にご記入いただき、
 面会バッジをお付けください。
食べ物のご持参については原則的に禁止させていただいております。


飲酒・喫煙について

飲酒・喫煙については原則的に禁止とさせていただいております。


設備・備品の利用について

車椅子・杖等、使い慣れた物をお持ちの方はなるべくご持参ください。お持ちでない方には施設に
 ご用意してあります。他、設備・備品等の利用は職員へお問い合わせください。


金銭・貴重品の管理

金銭・貴重品についてはお持ちにならないでください。お持ちになった場合の紛失・破損等に
 つきましては、当施設では責任を負いかねます。
必要に応じて事務室にて小額の「預かり金」を管理することもできます。


禁止事項について

当施設では、多くの方に安心して療養生活を送っていただくために、利用者の「営利行為」、
 「宗教の勧誘」、「特定の政治活動」は禁止しております。


動物の持ち込み

施設内へのペットの持ち込みはお断りいたします。

持ち物について

持ち物について

1. 介護保険証(更新中の方は資格者証)
介護保険負担限定額認定証(お持ちの方)
健康保険証
後期高齢者医療被保険者証(65歳以上でお持ちの方)
健康手帳(お持ちの方)
身体障害者手帳・横浜市重度障害者医療証(お持ちの方)
印鑑(ご本人様・ご家族様 両方)
2. 内服薬・外用薬(なるべく2週間分をお持ちください)
※短期入所の方はご利用期間分お持ちください。
※入所・短期入所のご利用前日までに準備してください。
3. 普段着(着やすい、又は着せやすいシャツ・ズボンなど)
寝衣・下着・靴下 など各3組
※衣類は名前がわかりやすいよう、色の薄いものが望ましいです。
※オムツは施設でご用意いたしますので、お持ち頂かなくて結構です。
※当施設では衣類を高温水で洗濯するため、混毛の製品はご遠慮ください。
4. タオル・バスタオルはリースのご用意があります。
入歯洗浄剤(ポリデント)もご用意しております。(15円/日)
洗面具(歯ブラシ・コップなど)
電気カミソリ(男性の方)
5. 室内履き(2足)
※前が空いているリハビリシューズが衛生的に望ましいです。
6. 洗濯物を入れる手提げ袋(できればナイロン製のもの)
※ご自宅で洗濯をされる方のみお持ちください。

お願い

1. 持ち物には必ずお名前をつけてください。
※布に名前を書いて貼り付けるなど、選択しても落ちないように、また、見やすいところに書いて
 ください。
※眼鏡や眼鏡ケースなどの小物にも名前をつけてください。
※入所後に衣類をお持ちいただいた際は、職員に声をかけてください。
2. ご自宅で使用されている介護用品(車椅子・歩行器・杖など)をなるべくお持ちください。
3. 貴重品・現金は利用者個人がお持ちにならないようお願いいたします。紛失された場合、施設では責任を負いかねます。

トップへ戻る